ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2012年5月12日

■ 2時間で世界一周できる場所に行ってきた

って、行ってきたのは1週間以上前ですが。
おおう、ゴールデンウィークが終わってそんなになるのか。
時が経つのがはええ。

で、連休中に1泊2日で鬼怒川温泉に行っていました。
泊まったのはこちら。あさや。
鬼怒川温泉では超有名旅館らしいですね。
旅館といっても建物が超デカくて豪華でホテルもびっくりのレベル。
中央の超巨大吹き抜けだけでなく、
3箇所有る大浴場など、施設も超充実。
夕食と朝食は最近の宿によくあるバイキングでしたが、
これがまた種類がめちゃくちゃ多い上に、
自分で選んだ具でパスタやオムレツを作ってくれるサービスなど、
自分の知る中で最高級の豪華バイキングでした。
これで1万なんぼで泊まれるっていうんだから、スゴイ話です。

そして泊まった翌日に行ったのが、2時間で世界1周出来る場所。
東武ワールドスクエアです。
世界の主要な建物が1/25で見られるテーマパークです。
似たようなのは他の地域にもありますね。

入ってすぐにあるのは、もうすぐグランドオープンする東京スカイツリー。
本物はまだオープンしていないのに、こちらは既に出来て2周年とか。
さすが東武鉄道、スカイツリーの大口スポンサーだけありますw

他にも世界の有名な建物が様々拝めました。
今はなきアメリカのワールドトレードセンターも健在。
エッフェル塔がスカイツリーと東京タワーと同じアングルで見られるのは、
なかなかシュールですw
にしてもスカイツリーは1/25でもデカいです。
他の建物を撮影していても、後ろにスカイツリーがよく写っていますw

そんなわけで当日は生憎の雨模様でしたが、
2時間ぐらいで園内を一周、世界一周してきました。
海外に行きたがらない俺には向いていたかもしれませんw



01:05:00 | タグ: , ,
カテゴリー: 遠征・旅行 | コメントはまだありません » 



 Date: 2012年1月31日

■ 伊豆熱川温泉にある魅惑のクルーザー温泉に行って来た

知り合いからの招待にあやかって、
伊豆熱川温泉にある「クルーザー温泉」なるものに行ってきました。

クルーザー温泉なんて聞いたことがないという人は、
ぐぐればすぐにわかりますw
一番上に出てくる「湯けむり倶楽部」と言うのがそれです。
ウェブサイトを開くと、確かにクルーザーに湯が張られているらしい、
ショッキングな写真を見ることが出来ますw

いつぞや伊東で麻雀を打ったときと同じく、
今回も車で行ってきました。
西伊豆から東伊豆への峠越えの道が凍結していないかが
すごく心配でしたが、問題なく通れました。

クルーザー温泉の場所は、伊豆熱川駅から歩いて3分ぐらいと
伊豆急の料金がオカシイのを除けば交通の便は抜群です。
車で行った場合も、徒歩圏内に無料の一般駐車場があるので、
困ることはありません。

クルーザー温泉のある湯けむり倶楽部は、表記は貸別荘となっていますが、
実際の中身は合宿所みたいな感じです。
一般家庭と相違ないキッチンや食器、トイレや和室などに加え、
10人以上が入っても快適に過ごせる大部屋が借りられます。
これが1人あたり素泊まり4500円で借りられると言うのだから、
大変リーズナブルです。
大学のサークルなどでの利用に向いていると思います。

噂のクルーザー温泉は入るのは夜の方がいいと聞きましたが、
夜だと真っ暗になってしまうので、昼間のうちに見学。
まさにウェブで見た写真そのままの光景がありました。
すげえなこれ(;´ー`)

夜に入った方がいい理由は一つ。開放的過ぎるのです。
海の方角は絶景が見えて快適ですが、
反対側にある伊豆熱川駅からも丸見えです。
駅から素っ裸を見られないように、水着をつけるか、
電車が終わった夜に入った方がいいと言うことでした。
ちなみにちゃんと夜に入って、
熱川温泉の源泉かけ流し(!)の湯を堪能しました。

で、今回参加した企画と言うのは、クルーザー温泉に入るだけでなく、
集まった全12人!で「勇者ヨシヒコと魔王の城」全話を鑑賞するというもの。
ヨシヒコはCMは見てましたが、本編は見たことがありませんでした。
これがかなりしんどかった!
とにかくツッコミどころ満載で、笑いが止まらんのだwww
今年一年分笑ったんじゃないかと言うぐらい笑いまくって、
なぜか満足感が得られました。いい企画に誘ってもらえましたw

翌日の朝は、海岸沿いにある足湯も堪能。
たぶん源泉から引っ張っているからでしょうが、これもかなり熱かったです。
熱川温泉の源泉は100度近くあるそうです。
源泉の場所も観光できるように造られています。

 

そして朝食兼昼食は、クルーザー温泉から徒歩1分とかからない、
海鮮料理のお店「伊豆の味処 錦」と言うお店で頂きました。
人気のお店のようで、開店と同時にあっという間に満席でした。
我々は地の利?を生かして、開店時にちゃんと入れました。
注文したのは本日お勧めの刺身で構成された刺身定食。
寒鰤とめじ鮪がお勧めだったようですが、
特にめじ鮪の刺身はヤバかった!
こんなおいしい鮪は人生の中でも滅多に食べられないです。

そんなわけで、またまた伊豆を堪能してきました。
すっごく楽しかったので、また機会があったら是非来たいです。(´ー`)



12:01:00 | タグ: , ,
カテゴリー: 遠征・旅行 | コメントはまだありません » 



 Date: 2011年9月25日

■ 生まれて初めて長島温泉に行ったら、結果的に5万円払う羽目になったorz

この3連休は、英語研修の予習をだらだらやっていたら
あっという間に時間が過ぎ去ってしまい、
気がついたら連休の2日目も終わろうとしていたので、
少し足を伸ばして長島温泉に行って来ました。
名古屋に10年以上住んでいるのに、長島温泉に行ったのはこれが初めてですw

長島温泉 湯あみの島は、19時以降だとナガシマスパーランドの入園と合わせて
1000円で入れるということで、それを狙って行きました。
こんなに遅い時間ならばスイスイ行けるだろうと高をくくっていたのですが、
名四を降りて長島温泉への道に出た途端に大渋滞!
結局1時間ぐらい渋滞にハマってしまいました。orz

駐車料金1000円を払って、20時前にようやく到着。
道路が渋滞していたのだがら、当然ながら園内も大混雑でした。
なんでこんなに…と思ったそのときに、花火の打ち上げがスタート。
20時から30分間が、打ち上げ花火の時間だったのでした。
時間こそ短かったですが、なかなか大きな花火や仕掛け花火が多く、
なにげに今年はじめてまともな花火を見たような気がしましたw

で、花火の後にいよいよ湯あみの島に行きました。
広い休憩所でぷりぷりした海老のたくさん入ったかき揚げ丼を食べた後、
ロッカーの数も洗い場の数も露天風呂の数も内風呂の広さも
何もかもが今までに見たことがないスケールの温泉に入りました。

が…、人の数がとにかく多すぎる!!
この人の数は、道後温泉本館に匹敵するのではないかと。
但し大きく違うのは、子どもの数。小さな子どもが多すぎる!
21時を回って22時が近い時間帯だというのに…。
どの湯船も芋を洗うような状態に加え、大変賑やかでした。
グループでワイワイ騒ぎながら入っても誰の迷惑にもならないのでいいですが、
一人で来るのにはあまり向かないことを実感しました。

結局終業時間の23時近くまで長島温泉にいて、
帰宅渋滞がなくなってから帰路につこうとしたのですが、
なんだか車の後ろから変な音がする…?
窓を開け閉めしたり速度を緩めたりしても変わらないので、
路肩に車を寄せて確認したら…

パンクしてるじゃないか!

左のリアタイヤがパンクしていました。
既に時間は23時過ぎ、しかも場所は家から遠く離れた長島温泉。
ついでにインサイトには元々スペアタイヤはナシ。
仕方が無いので、JAFに連絡してきてもらいました。

タイヤには釘が刺さっていました。釘のバカヤロウ…。
しかしいくら空気を入れても全く空気が入らないところから、
釘の穴を補修してもダメだろうという結論。つまり自走できない!
仕方が無いので、そのまま家まで車を運んでもらいました。
JAF会員だと15kmまでは無料なのですが、
家から長島がそんなに近いわけがなく、追加料金を払いました。orz

翌日、というか今日、朝市でディーラーに電話して、車を引きとってもらいました。
タイヤはやはり交換(というか内側がバックリ割れてましたorz)、
但し1個だけ交換するとバランスが悪くなるので、
2個交換してもらうことにしました。
40000km近く走ったもののまだ溝は十分あったので、
あと10000kmは引っ張れると思っていたのに…。
また定期点検の時期が近づいていたので、ついでにそれも前倒しで。
さらにしばらく前からHMMF(ミッションオイル)の警告ランプがついていたので、
それの交換も行なってもらうことに。

結局JAFへの追加料金と今回のメンテナンスの全部を合わせたら、
5万円を突破しました。\(^o^)/
まあタイヤ交換も含め、メンテ関連についてはいつかはやらなくちゃいけないと
思っていたものばかりなので、丸損というわけではないのですが…。
とはいえろくに遠出もしていないのに、
思わぬ出費ばかりが重なった酷い週末だったのでしたorz



04:09:00 | タグ: ,
カテゴリー: 遠征・旅行 | コメントはまだありません » 



 Date: 2011年9月12日

■ 伊東で温泉麻雀したり伊豆高原を観光したりしてきた

この週末は伊豆の伊東温泉まで麻雀を打ちに行ってきました。
麻雀はどこでも打てますが、温泉de麻雀は気分を変えられて楽しいです。

いろいろあって名古屋からは一人で行くことになったので、
交通費を浮かすために、車で下道オンリーで行くことにしました。
行きは途中で車中仮眠をとったりしましたが、
すんなり行ってしまったので集合時間の3時間以上前に現地、
伊東温泉についてしまいました(;´ー`)

そこで急遽近くの伊豆高原を軽く観光してきました。
親の会社の保養所が伊豆高原にあったので、
子供の頃は毎年のように来ていたんですよね。
かなり久し振りに来たので、懐かしかったです。

最初に行ったのは城ヶ崎海岸の吊り橋。
2時間ドラマのラストシーンでやたら出てきますよね。
○○の名所としても有名ですが、橋の上から真下を見てみると、
ああ、たしかにこれはヤバいと思えますw

次に行ったのは伊豆高原駅。
ここで買い物したり食事したりしたこともありました。

その後向かったのは、伊豆シャボテン公園…の向かいにある大室山。
高さはあまりありませんが緑の美しい山です。
山頂まではリフトで行けます。往復500円なので、安いものかと。
山頂からは伊東市街などがよく見えます。
富士山も見えました。そういえば伊豆からならばそんなに遠くないですね。
東京方面の空が澄んでいればスカイツリーも見えると書いてありましたが、
そりゃいくらなんでも(;´ー`)

食事は関東から来たみんなと合流してから、
伊東駅前の「徳造丸」というお寿司屋さんで頂きました。
お寿司は美味しかったですが、混雑していたからとはいえ
オーダーが忘れられることが多くて、ヲイヲイって感じでした。

その後は夜から朝にかけて麻雀を打ち続けましたが、
ものの見事にフルボッコにされました( ´Д`)
運も実力もないと、勝負の世界は厳しいのでした。

最後は道の駅 伊東マリンタウンのマリーナ展望レストランへ。
気になるお魚メンチ定食は完売だったので、
あじの干物定食にしました。伊豆といえば干物っすよね。

あっと伊東温泉にも行きましたよっと。
日帰りで入れる温泉がそこかしこにあって驚きました。

ちなみに帰りも下道オンリーで帰ってきました。
途中で1回休憩や給油をしましたが、6時間ぐらいで帰って来れました。
安上がりで済みましたが、やはり疲れましたw
往復約650kmのドライブは老体に響く今日この頃です。



02:09:00 | タグ: , , , , ,
カテゴリー: 遠征・旅行 | コメントはまだありません » 



 Date: 2011年7月21日

■ 名店ぞろいの関市で辻屋の鰻を堪能した

あまり良く知らなかったのですが、
岐阜県の関市には鰻の美味しいお店がたくさんあるそうで。
家からだと岐阜市よりもちょっと遠く約50km。岡崎と同じぐらいの距離です。

前夜に寝ないでなでしこジャパンの試合をテレビ観戦し、
優勝の瞬間まで観てしまったので、
起きたら11時近くて、明らかに出遅れましたw

最初にロックオンしたのは食べログ的ぶっちぎり一番人気の
「しげ吉」だったのですが、13時についたら…完売?!
ランチタイムは14時までなのですが、とんでもない人気のようです。

で、続いて向かったのが2番人気の辻屋。
店に近づくといかにも鰻を焼いていますという煙が見えました。
こちらは14時半までランチタイムということで、とりあえず並ぶことが出来ました。
ええ、行列が出来ていました。こちらも大人気!
店内相当な座席数があったので、オドロキでした。

メニューはうな丼やうな重、定食など食べ方が選べましたが、
今回は2820円の上丼をチョイス。
並と上の違いは鰻の量のみだそうです。
ちょっとボリュームがあるとのことでしたが、
起きてから何も食べていなかったので大丈夫だろうと思いました。

出てきたうな丼は、見るからに美味しそう!
鰻が丸ごと1匹入っているのか、上に乗っているだけでも相当な量で、
加えてご飯の中にも鰻が埋まっていました。
そういううな丼もあるというのは聞いたことがありましたが、
ここで巡り会うことが出来るとは。
鰻の焼き加減は抜群で激旨、ごはんはたれが染み渡っていて美味。
きも吸いも絶品。
がんばって来た甲斐がありました。

結局店についてから鰻にありつくまでに約1時間かかりました。
あつた蓬莱軒よりマシならばいいやと思っていたので、
十分想定の範囲内です。ははは(;´ー`)
こんどは早めに出かけて、しげ吉に入ってみたいと思いました。

ちなみにその後は、近くの武芸川温泉に寄りました。
「ゆとりの湯」という名前でしたが、
ゆとりを全く感じられないぐらい混雑していましたw



07:07:00 | タグ: , ,
カテゴリー: グルメ | コメントはまだありません »