ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2012年2月8日

伏見にあるフジヤマ系のつけ麺屋「五十五番」は鯛だしがウリだった

伏見にあるフジヤマ55系のつけ麺屋、「五十五番」に行きました。
フジヤマ系は名古屋市内だけでもかなりの数増えましたね。
名古屋市外でもすごい勢いで増殖していますがw

店内はかなり縦に長く広くて、テーブル席も少しありました。
ただ行った時間帯のせいか、お客さんは少なめでした。

このお店ではあら炊き醤油のラーメンがオリジナルらしかったですが、
ここは以前のフジ家55のような選択はしないぞということで、
つけ麺をチョイスしました。
麺は他のフジヤマ系同様、ライスつきの並盛か、大盛が選べます。
また味付けは普通か辛口かを選べます。
今回はスタンダードに、大盛で味は普通にしました。

出て来たつけ麺はフジヤマ系ではおなじみのもの。
食感抜群の極太麺に白ねぎやブロックのチャーシューが入ったつけ汁。
金属の器に電熱器、そして生卵1個無料ももちろんあります。
さすがフジヤマ系、おいしかったです。

ただ1つ他の店と違っていたのは、
テーブルに備え付けのスープ割り用のだし汁がなかったこと。
つけ麺が運ばれてきた後に、ポットで個別に運ばれてきました。
このつけ汁がこの店のウリの「鯛だし」らしかったです。
いかにも鯛っぽい魚介系のにおいが強くて、
透明ではなく白くにごっていました。
これでスープを割って飲んだ味は、他のフジヤマ系にはなく、
まろやかかつ鯛の旨みが感じられました。

今回もいつもながら車で移動していたのですが、
たまたまこのお店の近くに、30分110円の駐車場を見つけました。
他は20分200円とかなのに、ここだけ大須よりも安いじゃないか!
今まで伏見は車を安く停められる場所を知らなくて
あまり行かなかったところがあるので、
今回はこれがある意味最大の収穫だったかもしれませんw


12:02:00 | タグ: , ,
カテゴリー: グルメ | コメントはまだありません » 



 Date: 2012年1月12日

桑名のいちりんは丸和を思い出す味わいだった

連休中に少し時間があったので、桑名にある「いちりん」へ行きました。
国一でノンビリ行ったら、家から1時間かかりました。

お店は比較的最近に出来た感じで新しかったです。
お客さんはそれほど多くなく、楽に入れました。
今回は少しお腹が空いていたので、つけ麺を全乗せにしてみました。
出来上がるのを待っている間、隣の席の人が店長さんと「丸和」の話をしているのが
聞こえて、俺的イチオシの丸和の話がなぜここで?とすごく気になりました。

出てきたつけ麺は、全乗せのチャーシューとメンマが別皿のパターン。
つけ汁が石鍋に入っているのは、丸和と同じですが、
これだけで丸和というキーワードは出てこないはず…?

で、食べてみて、一口で感じたのが「丸和に似ている」でしたw
魚介豚骨系のつけ麺は数ありますが、
熱々で辛味なく魚介と豚骨の味をともに感じられるこの味は、
丸和に近いといえると思います。
チャーシューは脂身たっぷりでややしつこくも感じましたが、
それ以外は俺的に完璧といえるつけ麺でした。
丸和のつけ麺が一番好きだと公言して回っている俺だから当然?w

車であってもなかなか行きづらい場所ではありますが、
味は是非にとおすすめできるお店でした。


12:01:00 | タグ: , ,
カテゴリー: グルメ | コメントはまだありません » 



 Date: 2012年1月11日

豊橋の麺の亭ささき屋は大府晴レル屋の味を継承していた

折角豊橋まで来たのに、カレーうどんだけ食べて帰るのはもったいないということで、
俺からはつけ麺屋を1軒リクエストしました。

行ったお店は「麺の亭 ささき屋」。
ラーメンウォーカーに、店長が大府の超有名店、晴レル屋の出身と書かれていて、
ラーメンブロガーからもオススメされまくっていたので、すごく気になっていました。
いつかは行こうと思っていたところに、思いがけずチャンス到来でした。

お店に着いたのは夜の部が開店する18時の15分前ぐらいでした。
我々が一番乗りではありましたが、続々と車が集まり、
開店してあっという間に席は満席に、そして待機列まで出来上がっていました。
開店時間に間に合うように行けばいいやなんて思っていたら、
おもいっきり待たされるところでした。

今回は前のカレーうどんからあまり時間が空いてなかったこともあって、
つけ麺の並盛で味玉乗せをチョイス。
お腹が普通に空いていたならば、ぞうすいという選択肢も良さげでした。

出てきたつけ麺は、魚介豚骨系の王道を行く感じ。
実際食べた感じも、食べ応え抜群の太麺にコクがあってクリーミーな
魚介豚骨のつけ汁がマッチして、たいへん美味でした。
晴レル屋のつけ麺に負けず劣らずといえるでしょう。

場所が豊橋というだけでなく、去年の8月にオープンしたばかりにもかかわらず、
既にかなりの人気と知名度を築かれているようですが、
チャンスがあればまた是非訪れたいお店だと思いました。


12:01:00 | タグ: , ,
カテゴリー: グルメ | コメントはまだありません » 



 Date: 2012年1月8日

先月オープンした西区の一番舎・西に行ってみた

名古屋市近辺につけ麺屋を展開しつつある一番舎が、
西区に新しい店を作ったということで行ってみました。

今まであったのが日進と守山で、家から遠かったのに対し、
西区ならば行けると思った次第でした。
家から車でおよそ30分といった距離でした。

ラーメンもありましたが、つけ麺がメインなので当然つけ麺をチョイス。
100円増しでしたが中盛にしました。ついでに玉子もトッピング。

出て来たつけ麺は、見た目は普通のつけ麺でしたが、
味がちょっと変わっている?
豚骨を前面に押し出している店だからなのか、
魚介より明らかに豚骨の味を強く感じるつけ汁でした。
脂が少ないわけではないのですが、それでありながら、
こってり感はほとんどありませんでした。
なんとなく、魚介豚骨の方向で攻めつつも、
万人受けを狙って仕上げた感じに感じました。

わざわざ行くには微妙な距離の場所ですが、
近くまで行った際に寄るのはありかなと思いました。


12:01:00 | タグ: , ,
カテゴリー: グルメ | コメントはまだありません » 



 Date: 2011年12月31日

AFURI(阿夫利)原宿は女の子だらけだった

ミンゴスライブの日、原宿に移動して昼食を摂ったのですが、
そのときに行ったのが「AFURI原宿」というお店。
例によって食べログ一番人気だから選んだという安易な選択です。

コジコジさんの物販が終わってから行ったので、
店に着いたのは14時過ぎにもかかわらず、店の外に長蛇の列が。
まあ時間はあるから並ぼうということで並びましたが、
結局椅子に座るまでに30分ぐらいかかりました。
店の外の列はその後も途切れることなく、
店を出るまで長さはほとんど変わりませんでした。

店内はカウンターのみですが席が20席ぐらいあってかなり広めでした。
しかし驚くべきはその客層。8割は女の子!
ラーメン屋でこの男女比は、今までに体験したことがなかったです。
客層だけならば、パスタ屋にでも入ったような感じです。

原宿という町であるが故というのもあるでしょうが、
それに加えてこの客層になるのはこのお店のメニューにあると思います。
ウリとしているのが塩ラーメンや、柚子系のラーメン、つけ麺。
これらは確かに、比較的女性受けがいいです。
その他にもラーメンの種類は色々ありましたが、
今回はつけ麺の柚子露、大盛りにしました。

まずつけ汁が先に出てきたのですが、お、器が小さい?
つけ汁は汁のみで、具は入っていませんでした。
具材は全て麺の上に盛り付けられていました。
見るからに華やかで、お洒落です。

麺はつけ面には珍しく、太麺ではなくしかも平打ち。
大盛りにしましたが太麺の店と比べると軽量です。
とはいえ麺の食べ応えはしっかりとありました。
つけ汁は脂っこいこってり感はゼロですが、
柚子のにおいが大変強く、また味もしっかりしていました。
総じて今まで食べたことのないタイプのつけ麺でしたが、
大変美味しかったです。

原宿にお立ち寄りの際は是非といいたいところですが、
タイミングを見計らうか、時間に余裕を持っていくのが
よろしいかと思われます。


12:12:00 | タグ: , ,
カテゴリー: グルメ | コメントはまだありません »