ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2017年6月15日

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5th LIVE TOUR 大阪公演で、快適な立ち見鑑賞できた話とか

シンデレラ5thライブツアーは、宮城以外は少なくとも2日のうち1日は現地参加です。
SSAも日曜日は当選しました。土曜日は…、どどどどうしよう(汗

そんなわけで先週末の大阪公演は、金曜日はLVで土曜日は現地でした。
金曜日は普通に仕事でしたが、LVは無事に見られました。

IMG_0477

IMG_0478

翌日は大阪城ホールへ向かう前に、Twitterで少し話題になっていた道明寺天満宮へ。
歌鈴ちゃんの苗字の由来ということで、ある意味聖地らしいです。
神社自体はそこそこの大きさで、天満宮の名の通り学業成就の神社でした。
が、全く他人のことを言えませんが、「同僚」が沢山いましたw

IMG_0484

その後は大阪城ホール現地へ。
今回の席はCD先行などではなく、後から取った立ち見席でした。
前日参加された方々のつぶやきなどで立ち見席はヤバイと聞いておりましたが、
自分の整理番号は2ケタだったので、ステージ右側の壁と壁の隙間を確保できました。
2人ぐらいしかまともにステージが見られない半個室のような場所だったので、
スペースが限られているアリーナ席よりも遥かに快適に鑑賞できました。
遇にお隣となったYOPPIさんにもお世話になりました。ありがとうございました。

ライブの方は、セトリ的には蕾から始まった後半戦がヤバかったっすね。
LVでもヤバさを感じていましたが、現地だとさらに熱があってヤバかったです。
MCにたくさん仕組まれていたお笑い要素が強烈過ぎて、
そっちの印象のほうが強かったのは否定できませんがw
ん、結局石川の感想と似ているのでは…?(苦笑

IMG_0485

***

その翌日は大阪とは逆方向へ、蒲郡市へ向かいました。

お目当ては海上自衛隊の潜水艦の一般公開でした。
一般公開と行っても潜水艦は機密の塊なので、大人は中に入れないのですが、
先着600名に限り潜水艦の上に乗れるということで、朝7時に現着しましたw

無事に整理券をゲットした後は、軽く蒲郡市内観光へ。
竹島ヘ向かい、島の神社や一部で話題の竹島水族館を見に行きました。
竹島水族館は公営で小規模なため入場料は500円と安かったですが、
様々な工夫が施された面白い展示になっており、大混雑でした。

 IMG_0488

再び潜水艦のイベント会場へ戻り、晴れて潜水艦の上に乗りました。
もともと人を載せる目的の場所ではないからと思われますが、
上面は湾曲していて縁に近づくとかなり斜めになっていました。
今回蒲郡に寄港したのは入渠に向かう途中で、艦長の都合?だったらしいです。

 

その後は再び蒲郡市内観光ということで、蒲郡市の博物館へ。
ここの目玉は屋外に展示された蒸気機関車デコイチことD51とその客車。
外からだけでなく中も隅から隅まで見ることが出来るようになっていました。
博物館内も入場無料なので、蒲郡市の歴史がわかる展示なども見て回りました。

IMG_0491 IMG_0490

最後は幸田へ移動して、ラーメンの有名店ばーばらへ。
以前に訪れた時は無料券で変わったラーメンを食しましたが、
今回は正統派メニューをガッツリ頂きました。

***

月末ガチャですが、デレステにしぶりんが来てしまいました。
奈緒や加蓮などにはウェディングは既に来ていましたので、
そろそろしぶりんもヤバイとは思っていましたが、
デレマスではなくまさかのデレステでした。SSR3枚目…だと…!?

IMG_0396

IMG_0437 IMG_0430

IMG_0393

IMG_0504

自信はありませんでしたが、比較的運良く50連ぐらいでお迎えできました。
ついでに同じく月末限定で登場した歌鈴ちゃんもゲット。
一部には知られていますが俺は巫女服好きなので、こちらも嬉しかったです。

IMG_0401

グラブルの方はシンデレラコラボの真っ最中ですが、
月末ガチャは新登場のスカーサハちゃんを無事にゲットできました。
可愛いだけでなく、背水と相性が良いのはいいですね。

IMG_0387

あと古戦場でヒヒイロをゲットしたものの、
まさかの赤星の輝き不足でコロマグHLの連戦が必要となったため、
古戦場が終わった後にエッセルの最終解放をしました。
みんなホイホイ十天の最終解放やっていて、頭おかしいと思います。
俺はメチャクチャ苦労しましたよ…。


この投稿は 2017年6月15日 木曜日 06:10 に 遠征・旅行 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント