ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2014年10月26日

ラーメンWalkerを活用すれば、タダでラーメンが食べられるんだぜ!

先日購入したと記事に書いたラーメンWalkerに、驚愕のクーポンが…!

  

ラーメン無料?!

今までもちょっとお得になるクーポンはついていましたが、
面倒だからいいやーと一度も使ったことがありませんでした。
しかしこれは完全無料。マジか。
600円の雑誌1冊でラーメンが7杯も無料で食べられる?!

ということで早速行ってきました。
まずは幸田町のばーばらへ。有名店すね。おれは初来店でしたが。
選んだ理由は、クーポンのある中で比較的家から遠かったので、暇なうちにと思ったからです。

到着したところ店の前に少し列ができていましたが、それほど時間はかからずに席につけました。
食べ終わったあとはかなりの長さの列になっていて、タイミングが良かったみたいです。

無料券ではラーメンの種類は選べないので、何が出てくるかはわからないのですが、
おそらくメニューの中で一番安いラーメンだろうと思っていました。
が…

んんんんん? こんなメニューあったっけ?
「混ぜてから召し上がってください」と言われたのですが、
普通のラーメンよりは明らかに汁が少ないものの、まぜそばにしてはやや多いような。
というかまぜそばは全く別物でメニューに存在していました。
よく聞いていなかった俺が悪いのですが、何かはわからないけれど美味しいラーメンを頂けました。
いやマジで、有料で全然食べちゃうよこれ!って感じでした。

続いて同じ日に性懲りもなく無料でもう1杯。今度は砂田橋にあるぎんやです。
ぎんや自体は地元中川区にもありますが、無料券は砂田橋店なのでした。

ぎんやの無料ラーメンは、にんにく入りの素ラーメンでした。
本当に麺以外ほとんど何も入っておりませんw
ここでようやく気がついたのですが、無料ラーメンは通常メニューの中の一番安いものではなく、
通常メニューよりも安い専用メニューになっているということです。考えてみれば当然ちゃ当然。
とはいえ手を抜き過ぎたら客は二度と来ない食わせ損になるので、塩梅は重要でしょう。
そんなわけでラーメンは素なのですが、これがおいしいから困った話ですw

なお無料券だけでなく、半額クーポンもたくさんあるので、実はまだまだ得することができます。
こういうのは使えるだけ使わないと損ですよね!w

それから無料ではない店も隙を見て行ってみています。
まずは新栄にある「歴史を刻め」というお店。
誌面が大きく割かれていたのできっと注目のお店なのだろうと行ってみたのですが、
思っていた以上に人気店だったようで、店の前には人だかりができていました。
しかしこれの店員の管理がアレだったので、少し順番が飛ばされたような…?むむぅ。

ラーメンはいわゆる二郎系ですが、誌面にあった盛りだと俺には食べ切れないので、
並盛りで野菜などの増量なし、つまりどノーマルにしました。
見た目の迫力は誌面のソレよりは落ちますが、二郎系の麺300グラムはかなりの量です。
何とか完食しましたが、明らかにおじさんの満腹を通り越していましたw
昔はこれぐらいだとぺろりと行っていた気がするんだけれどなあ…。
特にとろチャーシューのお腹へのたまり具合がすごかったですw
麺500gまでと野菜マシは無料だそうなので、ガッツリ食べたい若者にはピッタリかと思います。

あとは爛々亭の支店にも行きました。東海市にある上野台店というお店です。
爛々亭としては国内では本店(五女子)、大曽根に続いて3件目のようです。
名駅の近くにも爛々亭 快都というお店がありますが、そちらはちょっと違うのかな?

ラーメン自体は爛々亭おなじみの家系ラーメンです。
最近俺的ラーメンの家系率が下がりつつあるので、定期的に補充しないとねw

***

IMG_4526 IMG_4537 screenshot114

モバマスはアイロワでまたまたうっかりオーバーランしたり、フェスSで2枚取りをしたり。
フェスSはいいですねー。2枚取るのにエナ2000本でいいんだから。フェスは3300本かかるのにw

IMG_4534 IMG_4539

肇ちゃんは可愛いなぁ。いまはTBSでお世話になっています。

***

艦これ-102

艦これは改修工廠やら何やら、いろいろアップデートがありましたね。
とりあえずうちの扶桑はレベルが足りていたので改二にしました。
どうせ持っていない艦が多いおかげで設計図は余っていますしね!w
いやしかし、艦載機23機のスロットとか、強いって。反則にも程がありますわーw


この投稿は 2014年10月26日 日曜日 23:30 に グルメ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント