ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2014年2月25日

何でもアリのアイマスSSAライブに2日間行ってきた

千早ちゃんお誕生日おめでとう!

まずはこれを言っておきます。それ以上は長くなるから語らないw

***

アイマスSSAに参加された皆さん、お疲れ様でした。
おっさんの俺はかなり疲れ果てて、
昨日は休暇取って、家に帰ってからはグッタリしていました。

ライブは物販から始まるということで、
物販対策で現地に近い大宮に金曜日の夜に入りました。
カプホに泊まったのですが、すでにこのカプホがPだらけ。
Tシャツやカバンなどでわかりやすすぎますw
物販は徹夜禁止ですし、徹夜なんかしたら身体が持ちませんw

翌朝早く、電車の始発より前に並ぼうと、
大宮から徒歩でSSAに向かいました。
が、似たようなことを考えているPは少なくなく、
道中はPがぞろぞろ歩いていましたw
そして現地に到着したところ、始発前にもかかわらず、
待機列はかなりの長さになっていました。

とはいえこの時間帯で既にスタッフが列整理していたのは
すごいと思います。
始発以降は人数が爆発的に増えましたが、
俺の目からは特に混乱はないように見えました。

販売の方も30分前倒しの上にスムーズに行われたので、
15分ぐらいで買い抜けることができました。
自分が欲しいものはみな買えたので在庫は大丈夫かと思ったら、
その直後から完売ラッシュだったらしく、
ギリギリセーフだったようです。

***

物販の後は展示スペースに行きました。

展示のために広い場所が確保されているのはいいですね。
ライブ会場に入ってから、人大杉でもみくちゃになっている中では、
見るのも大変ですし、カメラ撮影もできませんからね。

RX-100M2がバッチリ本領を発揮してくれました。
環境光がバリバリ入る中でもフルオートでいけちゃいます。
しぶりんのあれはね、全面ガラス張りのケースがいかんのだよ。
俺の煩悩がハイテンモードに入ったなんてことはないよ!w

***

その後はSSAの近くのMOVIXさいたまのチアリング上映会へ。
俺はチケットを取ってなかったのですが、譲っていただけました。

多少の声はあげ放題、コンサートライトもOKの上映は、
ライブ前にテンションを高めるのにはいいですね。
マスピのシーンは完全に予習ですしねw

ただ物販での無理がたたって、途中で意識が飛びました。
俺の記憶の中では合宿が取材のところで途切れて、
次の瞬間には可奈からのアイドルやめるメールが届いていましたw

***

肝心のライブそのものについてはもうセトリも公開されてますし、
各種イベントレポートなどで内容についても語りつくされていますので、
俺の感想だけを思いついた順に書いておきます。


1. グリマスデー、モバマスデーではなかった

セトリについては本当に何でもアリでしたね。
出演者のソロ曲は全部歌ったし、不参加の律子曲だけでなく、
ジュピターなどとにかく何でもアリでした。
単純に俺好みの曲も多かったです。やっほい!

メドレーではアイドルの所属の枠を超えたコラボもやりたい放題。
10分休憩はあったものの、MC短めで約5時間のボリュームは
アイマスの長い歴史を感じさせるには十分でした。

おかげで当日中に名古屋に帰るのは不可能の上、
おっさんなのでもろに身体に来ていますがw

土日でグリマスとモバマスの出演者数に偏りがありましたが、
2日間出演者のソロ曲は人数が少ない日に歌うことで
セトリに偏りをなくしていたのには驚きました。
2日間参加しててよかったと思いましたw


2. 200レベルや400レベルも面白かった

CD先行などを外されたおかげで、
自分のチケットは2日間とも400レベルだったので、
始まる前は結構ふてくされていたのですが、
ステージからは遠くても結構楽しめました。
なお土曜日は200レベルの席を融通していただけました、感謝。

今回のライブはエンドステージがあまり広くなく、
センターステージを多く使う構成でした。
エンドステージだと中央の大型ビジョンを使った演出ができますが、
センターステージではそれがほとんどできないので、
演出が照明やスポットライトと観客のコンサートライトで決まるという、
「照明芸」を堪能できました。

俺のいた場所は2日間ともかなりの高さだったので、
照明の演出が広く見渡せただけでなく、
ステージの昇降システムを巧みに使った演者の入れ替えが
丸見えで、これがかなり面白かったですw

エンドステージのMCで「次の曲の準備ができたようです」と
言ってる時に実はまだセンターステージでは準備ができていなくて、
急いで脇から出てきてスタンバイといったシーンもありましたw


3. グリマスは新しいね

今回は765プロ、モバマス、グリマスの違いで特に偏りを出さず、
3者ともバランスよく選曲されていたので、
あまり聴いていなかったグリマス曲を予習しておいて正解でした。

グリマス曲はLantisの息がかかっているので、
他のアイマス曲とは若干雰囲気が違うというのもありますし、
話題になった愛美さん(ジュリア)のギター演奏は凄かったですね。
あれのおかげでるーりぃ(だりーな)のなんちゃってロックが
さらに際立ちましたしw

しかしモバマスとグリマスでは約1年の違いがあるとはいえ、
ライブの場数的には大した違いはないと思われるものの、
グリマス勢の初々しさが際立っていましたね。
若いっていいねえと思ってしまったw

一方モバマス勢の場馴れ感がすごかった。
あんずのうたやウサミンの会場との一体感は見事でしたし、
年齢はかなり若いはずなのに、はっしー(島村卯月)の仕切りは凄かったw


4. アケマスを忘れないであげてください

アイマスの長い歴史はアケマスから始まったわけですが、
10分間の休憩中に流れたスペシャル映像はそのアケマスの
デモムービーから始まりました。

アケマスは5年間続いたものの、決して順風満帆ではなかったので、
あのムービーもごく一部でしか流れなかったんですよね。
ネットで検索すれば見られるかもですがw

縁あってうちにはその原版があります。
かつてアーバン大須の店内大会でもらった中古品です。
DVD-Rなんですよね、これw

中に入っているムービーはSSAで流れたものと違って、
カウントダウン中にプラボ中野でのロケテ風景が入っています。
またもう1本、もっと古いバージョンも収録されています。

アケマスの選曲的には冒頭のドルマスもそうですが、
メドレー中の「とかち」も忘れてはいけませんね。
例の歌詞はちゃんとあさぽん(双海亜美・真美)が歌っていた
ところもポイントでした。

IMG_3491


5. 「約束」の演出の変化

じゅりきち(音無小鳥)はやや例外でしたが、
765プロメンバーもソロ曲は1曲でした。

そんな中ミンゴス(如月千早)が歌ったのは「約束」。
765プロメンバーの選曲はみな2日間とも同じなのですが、
約束だけは演出が異なりました。

土曜日はセンターステージを使って階段を一段ずつ登るという、
前に向かって一歩ずつ進む千早をイメージしたような演出。
日曜日はエンドステージを使って、曲の後半に他の765メンバーが
全員見守る形で登場するという、アニメさながらの演出。

千早Pの端くれとしては歌が聴けるだけでも感激だというのに、
この凝りに凝った演出は本当にうれしかったです。


6. とまっちゃんとアイマスDSの存在感

日曜日最大のサプライズと言えばとまっちゃん(日高愛)のゲスト参加
というのは誰もが認めるところでしょう。

両日ともに披露されたメドレーの曲構成に違いはなかったので、
ここでHello!!が来るというのは前日参加した人は知っていましたが、
そこでまさかとまっちゃんが登場するとは!
前日と違ってちゃんとフルコーラスでしたしね。

その後のMCやマスピ、IDOL POWER R@INBOWのときも
登場してくださって最後の最後まで盛り上げてくださったのも
嬉しい限りでした。
一人参加でもアイマスDS勢としての存在感は抜群でした。

アイマスDSといえば唯一の876プロで、約5年前に発売された
ゲームはストーリー偏重でレッスン無しでもクリアできるという
ニッチな作品ですが、この先まだ何か展開があるのでしょうか?

 

なお2日目は開場の始まった後にチケットを忘れたことに気づき、
一度宿泊していた某所に取りに帰って、
何とか15分ぐらいの遅刻で会場に入れました。
着いた時には最初のドルマスが既に演奏中でした。
そこからREADY!までの短い間に席に着こうとしたので、
近隣のPの皆さんにはご迷惑をおかけしました。すみませんでした。

***

モバマスのフェスお疲れ様でした。

今回はSSAのライブと丸かぶりだったため、
土日は鳴かず飛ばずでしたが、
その分最終戦にぶち込んだので、最後はスカッと終わりましたw

おかげで昨日にめでたくファン2000万人を超えたので、
ランクはS3のまんまですw
S5は俺には無理なので、これからは徐々にペースを落としていく
つもりです。今度こそ隠居だよ!w

さっさと売った上位報酬よりも、
デレチケでゲットした新田ちゃんが嬉しかったです。いぇい!

IMG_3493 IMG_3495

IMG_3509 IMG_3500


この投稿は 2014年2月25日 火曜日 23:00 に 遠征・旅行 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント