ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2012年4月22日

東京ラーメンストリートのジャンクガレッジは二郎系ラーメンが人気だった

この週末はほぼ麻雀を打つためだけに上京してきました。
アイマス関係?で15人ほどが集まった中で打ってきました。
先週までかなり運良く好成績だったので今回はダメだろうと思ってましたが、
そこそこ…、いや、自分にしては上出来の結果でした。

景品も頂きました。大事にします。

で、その帰りに、東京駅にくっついている東京ラーメンストリートの
ジャンクガレッジに行ってきました。

ジャンクガレッジといえば、油そばとは一味違う、
最近流行のジャンキーなまぜそばの元祖のお店なので、
以前出張帰りに寄った時には、まぜそばをチョイスしました。

トッピングにベビースターが乗っていたのには驚きましたが、
さすがに美味しかったです。
今まで食べたことのあるまぜそばと比べると、やや刺激的な味付けに感じましたが、
これはアリだと感じました。

ただこのとき心の中で驚いていたのは、お客さんの大半がまぜそばではなく、
ラーメンのほうを注文していたこと。
ラーメンは一目でわかる二郎系リスペクト。
一体なぜなのか、それはもう、ものすごく気になりました(;´ー`)

なので今回は迷わずラーメンをチョイス。無料トッピングで野菜マシを選択しました。
今回もまた、店内のお客さんの大半はラーメンでした。
これは以前寄ったときが「たまたま」だったわけではなさそう…?

で、ラーメンですが、並であっても麺のボリュームは満点、
さらに野菜マシでボリュームアップということで、期待通りの食べ応えでした。
味の方も二郎そのものと違って、ちゃんとおいしかったです(ぉぃぉぃ
脂が極端に多くなく、醤油味を感じることが出来ました。
とはいえなんでまぜそばよりもラーメンのほうが人気があるのかは、
結局わかりませんでしたw

これで東京ラーメンストリートのお店は六厘舎、ひるがお、ほん田に続き4軒め。
まだ他にもお店があるので、引き続き機会を見つけて行ってみようと思います。


この投稿は 2012年4月22日 日曜日 19:30 に グルメ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント