ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2011年9月28日

もう二郎系で死にかけないと誓ったのに、あっ晴れ堀田店で死にかけた…

大盛が自慢の二郎系のラーメンは、普通のラーメンならばこれぐらい
行けるだろうという量を注文すると、確実に死にかけます。
あまり大食いではない俺でも普通ならば麺300g(茹で上がり500g未満)
ぐらい余裕なのですが、なぜか二郎系だと致死量になります。
なので最近は麺は増やさずに野菜増しだけにとどめることが多いです。

大府や錦などにある二郎系の「あっ晴れ」が、
いつの間にやら先月に堀田に店をオープンしていたので、
日曜日に車の修理が終わった後に行ってきました。
大府と同じくパチンコ屋の中にあるので、
交通量の多い国道沿いですが駐車場は広々しています。
一方で店内は凄く狭いので、少し待たされました。

堀田店は他のあっ晴れと麺が違う、スープが違う、限定メニューがある
というのがウリらしいです。
そこでその限定メニューらしい「とろ豚らーめん」を注文しました。
麺は普通、でら盛り(野菜増し)で。

出てきたラーメンは良く見慣れた二郎系ですが、
チャーシューが歯応えのあるチャーシューではなく、
その名の通りとろとろの角煮タイプでした。
とろ豚はダブルやトリプルなどにも出来ますが、
特に増やさなくても結構な量が入っていました。

で、麺や野菜の量は勝手知ったるものだったので、
問題なく食べられたのですが、問題はとろ豚。
ものすごーく脂っこい!ていうかほとんど脂の塊!
とろとろの角煮は結構大好きな自分ですが、
その自分であってもこれはヤバイと思える破壊力でした。
何とか食べきりましたが、とろ豚ダブルやトリプルなんて、
野菜増しじゃなくたって絶対無理だ…。
こんなに肉が乗ったラーメンは食べたことがないので、
逆に肉が死ぬほど食いたい人には、激しくオススメできます。

ちなみに麺やスープが他とは違うというのは、
味が少しだけ魚介寄りかな?と思うかどうかという程度で、
俺には特に違いは感じられませんでした。

堀田に行く機会はあまりない気がしますが、
名古屋市内の二郎系の店は車で行きづらい場所が多いので、
車で食べに行くときには使える店だと思いました。
とろ豚は要注意ですが…。


この投稿は 2011年9月28日 水曜日 07:00 に グルメ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント