ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2011年1月25日

久々に洋画を見た

志摩さんに誘われて、映画を見に行きました。
自分で見に行く映画はアニメ映画ばかりなのですが、
今回は昨年の「キャピタリズム」以来の洋画を見ました。

「ソーシャルネットワーク」、世界的に有名なSNSである
フェイスブックの誕生物語です。
物語と言っても中身はドキュメンタリータッチで、
フェイスブックが世界的に有名になるまでの輝かしい物語…ではなく、
むしろダーティな面が前面に押し出されています。
これだけ見ていると、女とヤルためにフェイスブックを作ったようにしか
見えな…ゲフンゲフン。

話の展開の仕方が、2つの訴訟に対する意見聴取を基本軸にして、
フェイスブックの誕生から発展については回想シーンが間に挟まる方式で、
映画の割には坦々と話が進んでいきました。
内容は面白かったですが、派手なアクションなどがあるわけではないので、
映画…?という感じでした。

観衆は自分たちを含めて10名ぐらいと、またしても映画マニア向けの作品でしたが、
たまにはこういう映画もいいと思います。


この投稿は 2011年1月25日 火曜日 06:30 に 雑記 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント