ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2010年11月8日

まさか大須にまたつけ麺屋が増えるとは

大須には去年まで1軒もつけ麺屋はなかったのに、
フジヤマ55麺や六三六日の出らーめんに続き、
またつけ麺屋が増えました。

それも今度はあの「東池袋 大勝軒」。
つけ麺屋の元祖に近い店ですが、既に東池袋どころか全国展開も甚だしく、
名古屋市内にも店はあったようです。
今までいろいろな食べ物屋が入っては長持ちせずに消えて行った、
大須301ビルの1Fに入りました。

P1110859

個人的には大勝軒「系」を名乗る金山の「麺屋 山岸」の印象が
最悪に近い(おいしくないよりさらに下)なので、
大勝軒にもあまり良い印象は持っていませんでした。

ただ周囲からは大勝軒と大勝軒「系」は全然違うと言われていたので、
一度はと思い入ってみました。
開店したばかりなので店内はピカピカでしたが、
土曜の夜に行ったらガラガラでした。

P1110857

肝心のつけ麺ですが、おおお、普通だ。
実際は最近のつけ麺屋のほうが真似したんでしょうが、
普通の魚介とんこつ系のつけ麺でした。
しかも味付けは比較的自分好みでした。

店の人気はフジヤマや日の出の方が高いようですが、
個人的には六三六>大勝軒>フジヤマ>日の出という感じです。
4軒とも系統は同じですが味はそれぞれ違うので、
今の大須は好きな味が選べるつけ麺激戦区といえるでしょう。

P1110861 P1110862

食べ終わった後、301ビルの隣の万松寺ビルにある
アーバン大須に行ったら、いつの間にかアイマスの配置が変わっていました。
2サテずつで背中合わせにして、スペースが削減されたわけですが、
未だ4サテあるところが驚きです。
不思議なことに、実際やってる人がそれなりに居るからなぁ。


この投稿は 2010年11月8日 月曜日 07:00 に グルメ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント