ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2009年7月27日

■ この夏もまた四国

夏コミの準備を着々進めています。KKSです。
やること多くて、ややテンパり気味ですが…。

とりあえず新刊の入稿は完了しました。

 
(本文サンプルは拡大表示できます。)

今回の新刊は「アイマス×麻雀」本です。
いつもの変な生き物たちが、
麻雀をネタにワイワイやってる4コママンガ集です。

とはいえ俺が知ってる麻雀は「咲 -Saki-」ぐらいしかないので、
専門的なネタは皆無に等しいです。
むしろ玄人から怒り狂われないか怖い内容ばかり(;´ー`)

他にも隣のさざなみ壊変さんと何か合同で出来ないかなど
いろいろ準備中なので、それはまた目処が立ったら発表します。

よろしかったら、3日目東リ-06b「Media Station」に
是非おこしくださいぃ。

***

この週末ですが、なんばのアイマスライブから引き続いて、
両親+弟のお供で四国へ行ってきました。

初日は香川県のこんぴらさんに寄りました。
主目的はこの地域独自の食べ方の讃岐うどんを食べることで、
こんぴらさんの総本山は約800段の階段の前に挫折しました(;´ー`)

 
その後高知県へ移動し、桂浜へ。
うん、なんかどっかで見たような光景だね。1年半ぐらい前にw

夜は高知市内に宿泊。皿鉢料理を頂きました。

 
翌朝は高知市内を観光。
高知城などに行きましたが、大雨をモロに食らいましたorz

その後愛媛県へ移動。目的地は道後温泉です。
これもまたどっかで見たようなk(ry
観光スポットの道後温泉本館は大混雑でしたが、
今回泊まったホテルはそのすぐ近くで同じ温泉を使っているので、
そっちでゆっくり浸かりました。

 

明けて日曜日は松山城の観光から。
山の上なのでロープウェイで往復し、
展示物や説明などが多かったせいか、2時間ぐらい居ました。

あとはしまなみ海道を通って本州に帰還し、
ひたすら高速を突っ走って名古屋まで帰ってきました。
名古屋に帰ってきたのは23時過ぎ(;´ー`)

天候にはずいぶん翻弄されましたが、
それでも十分に楽しめた四国旅行でした。(´ー`)



09:07:43 | カテゴリー: MT時代の記事 | コメントはまだありません » 



 Date: 2009年7月17日

■ 日々是麻雀

ここのところの傾向ではありましたが、
最近はほぼ麻雀一色の日々になっています。
なにせ原稿書いてる新刊が、アイマス×麻雀本ですから(;´ー`)

新刊のほうは、何とか締切には間に合いそうなスケジュールで
進めています。むしろ冬よりはだいぶ進んでいます。

先週末も土曜日はひたすら原稿を書いていました。
が、我慢できなくなって、つい行ってしまいました。

「咲-Saki-」舞台探訪@長野県

原稿を書きながらネットで調べているうちに
この場所ならば名古屋からすぐに行けるんじゃね?と思い始め、
原稿真っ只中にもかかわらず行ってきてしまいました。(;´ー`)

まずは塩尻市の文化施設、レザンホールです。
アニメではいろんなアングルで何度も出てきた、県予選会場です。
人目を避けるために朝早くに行きました。

 

県予選会場の最寄り駅としてアニメにも出てくる塩尻駅。
入場券を買って中に入って撮影しました。

 

続いて向かったのは諏訪湖。
ここは県予選を前に、咲と和が全国制覇を誓い合った場所です。
実際の堤防はアニメとは左右逆です。
場所は「諏訪湖プリンスホテル輝山荘」の近くですが、
このホテル、現在休館中で廃墟化しています(;´ー`)

 

最後に行ったのは飯田線の七久保駅。
清澄高校の最寄り駅として出てきます。
アニメでは駅の屋台でラーメンを食べたりしていましたが、
実際の駅にはそんな屋台の出そうな場所はありませんw

 

というわけで、とりあえず少しだけ行ってきました。
他にも咲や和の通学路(場所はその名も「原村」!)など、
行きたい場所はたくさんありますが、それはまた次の機会ということで。

なお、情報はこちらを参照しました。m(_ _)m

で、この遠征からは日曜の午前中に戻ってきたのですが、
その後やったことがこれですよ。

雀荘で麻雀(;´ー`)

フリータイムで始めて、結局10時間近くやってました。
結果は前半はいい感じでしたが、後半はボロボロでした。
これじゃあタコスのことを笑えないじぇ!

***

月曜火曜は、仕事で長崎県に出張でした。

お仕事が終わってから帰りの飛行機が出るまでに時間があったので、
軽く長崎市内を観光してきました。

大昔にグラバー園や大浦天主堂に行ったことがあったので、
今回は平和公園や浦上天主堂のほうへ行きました。

 



12:07:54 | カテゴリー: MT時代の記事 | コメントはまだありません »