ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2008年1月22日

大いなる寄り道の旅

まずはお詫びです。
下の記事に追記の形でアナウンスしておりますが、1/17未明から
東海アイスタの公式サイトが閲覧不能になっております。
某所では、東海アイスタのスタッフが
スタンプの管理も何もかも放り出して夜逃げしたんじゃないかと、
プギャーされている心配されてる方もいらっしゃるようですが、
そんなことはありません。
一部の設置店舗さまのスタンプのインクが薄い(切れている)など、
参加者の皆さまから受けました報告につきましては、
順次対応させていただいております。
サイトが閲覧不能になったのは、
当方のミスによるサーバー関連のトラブルが原因です。
週末をまたいだことにより、復旧が遅れております。
東海アイスタ杯の直前にもかかわらず、
皆さまにご迷惑及びご心配をおかけしていますことを
深くお詫び申し上げます。
1月22日 9:30追記
サーバーの復旧に時間がかかっているため、
ブレさんがミラーサイトを立ち上げてくださりました。
スタンプラリーの情報はもちろんのこと、
東海アイスタ杯の情報も確認できますので、
さしあたりこちらをご利用ください。

http://www.uririn.com/ista-tokai/
***
この週末はこみトレに行ってきましたが、
その前に大いなる寄り道をしてきました。

プラボ鳥取店です。
まさか三度来ることになるとは。
岡山から山越えして鳥取に向かう間には雪景色が広がり、
夜通しの移動だけでも楽じゃないのに、
それにさらに輪をかけてくれました。
よりによってこの時期に鳥取に行った理由はこれです。

昨年の「亜美にπタッチ!」で、東海アイスタプロデュースで
用意させていただいたイベント開催記念スタンプを、
現在プラボ鳥取店に引き継ぎ設置していただいております。
スタンプを託してハイ終了!ってわけにはいきませんので、
その様子を見に行ってきました。
 
東海アイスタのレギュラースタンプとは異なりますが、
鳥取にお立ち寄りの際、特に亜美πに参加されなかった方は
チェックしてみることをお勧めします。
***
亜美πのときなどは時間がなかったので、
他の事を楽しむ余裕はありませんでしたが、
今回は少し寄り道出来ました。

まずはプラボ鳥取店に隣接する「今井書店」。
言わずもがな、名前だけが理由で入りましたwww
入り口入っていきなりNice Boatな表紙の雑誌が見えたり、
コミックコーナーがやけに広かったりしたのは
気のせいでしょうw

お昼は海の近くに移動して、イカ尽くしの定食を堪能。
鳥取の名物は松葉ガニとイカだそうです。
鳥取を離れた後は岡山を経由して大阪方面へ。
岡山に寄ったのは、アイマス設置店3軒を巡るためでした。

途中のSAで名物?の「トマトラーメン」に挑戦。
トマト味のピリ辛スープのラーメン、なかなかおいしかったです。
その後、加古川のアイマス設置店に寄ってから、
近くの健康ランドで一夜を明かしました。
***
そして明くる日、「こみっくトレジャー11」に行ってきました。
参加された皆さま、お疲れ様でした~。
鳥取の朝も寒かったですが、大阪の朝も負けず劣らず寒くて、
開場まではガクガクブルブルでした。
今回はヤバいぐらい大手のサークルさんが複数いらっしゃったので、
一般参加者の数も過去最高クラスに多かったですが、
それでもコミケとは大違い。
コミケなら並んだだけで半日つぶれそうなサークルさんも、
1時間かからずに買い抜けることが出来ました。

閉会まで会場にいた後は、なんばのとら&メロンを経由して、
内輪の新年会に参加しました。
豚しゃぶを堪能しつつ、楽しく話に花を咲かせました。
***
まあささん主催の「Skin Creator’s Counterattack」に
この週末にも作品が追加されました。
特に注目は、みっくみくWMPスキンで日本中の注目を集めた
tie2さんのWMPスキン最新作が含まれていることです。
スキン作家の逆襲
イベント期間は残りわずか、逃さずチェック!!
ところで、イベントページの人気投票コーナーですが、
「僕はKKSさん信者です これからも制作続けて (2008/01/18(金) 21:25) 」
信者?(;´ー`)
ま、まあこれからも、気が向いたら何か作ります。
***
拍手レスです。
>http://ista-tokai.com/
>←つながらないので、事前エントリーできないのでは。。。

全く持ってそのとおりです。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません…。


この投稿は 2008年1月22日 火曜日 01:01 に MT時代の記事 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント