ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2006年1月9日

一生のおつきあい

これから大阪、こみトレへ行きます。
寝坊しないで起きれたよ~ (´ー`)
+++
Sランクを達成した「OYAKODON」、昨日引退しました。
oyakodon13.jpg
伊織様の引退シーンを見ていると、「OYAKODON」と過ごした1ヶ月あまりの
激闘の日々が思い出されました。
通算32勝2敗、勝率94.1%。特別オーディションは29週で制覇。
ここまでオーディションを重ね、ここまで勝利してきたユニットは、
自分の中にはありませんでした。
クライマックスでついに強気を保てなくなった伊織様を見ていると、
自分も一瞬クラッときたのはヒミツヒミツ(;´ー`)
でもいいの、これから「一生のおつきあい」が始まるのですから~(ぇ~
引退後に、冷静に読むと凄い内容のメールが来ましたが、
それでこそ伊織様。ありがとう伊織様。
でもね、「3秒」はちょっと厳しいです、伊織様~!!
# さて、予告どおり余った3人で、もとい最後に大事に取っておいた3人で
# 中堅P昇格記念のトリオのプロデュースをはじめました。
# 目指すはもちろんSランクですよ?(本当か?)

※ 11月25日のmixi日記より
かつて冗談で目標にしたSランクは、伊織様たちの力により具現しました。
そしてその精神は、現在プロデュース中の千早ユニット「今井繪里子」へ。
現在11勝0敗、勝率100%。うち1位通過10回。
目標はSランクではない。ファン200万人以上だ!
+++
と、またバカなことを言ってみました。(;´ー`)
そして伊織様から引退メールを頂いた直後、間髪いれず新ユニット結成。
1つは雪歩+律子で「雪の律動♪」です。
rhythm0.jpg
そしてその数時間後、さらにもう1つ結成。
91&77_0.jpg
どっかで見た顔ぶれ、そして「OYAKODON」を上回るヤバさのユニット名。
伝説はまだまだ終わらない…?(;´ー`)
***
Skin作家さまたちの新たな活動(?)が始まっています。
水聴竜詠さんは今までも熱を入れられていた音楽関連のTalkを
ブログとして独立させました。(Music Diaries)
一方Athlon1700さんは壁紙コンテンツを設置。(1月8日の日記)
ともに今後の展開が楽しみであります。(´ー`)
***
ZEGさんから回ってきたバトンに回答します。
お題は『I’ve Sound』だそうです。ウヒョッ。
Q1.パソコンまたは本棚に入っている『I’ve Sound』は?
えーと、I’ve関連は全部HDDに入っているわけではないですが、MP3で1GB以上ありますね。
本棚には入っていませんが、
I’ve関連CDは「ICD-*****」などの公式の番号が打たれているものについては、
BUDOKANライブのパンフのディスコグラフィで、全て持っていることを確認しました。
もちろんDVDもね。
Q2.今妄想している『I’ve Sound』は?
妄想?(;´ー`)
とりあえずBGMに「緋色の空」が流れています。(´ー`)
Q3.最初に出会った『I’ve Sound』は?
もちろん「Last Regret」や「風の辿り着く場所」はKanonで聴いていたのですが、
これらは当時I’ve Soundだという認識では聴いていませんでした。
I’ve Soundを意識したのはアルバム「verge」を購入して聞いたときから。
「verge」発売直後、忘れもしない悪友DORAから強く薦められたのが、
I’ve Soundとの出会いした。かなり昔ですね。
Q4.特別な思い入れのある『I’ve Sound』は?
好きな曲はいろいろありますが、「verge」の中に収録されている
AKIさんの「Two Face」、昔からこれがとにかく好きです。
Q5.最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?
まだ頭が寝てるので思いつきません。
***
拍手レスです。
>アイマスをやるには車で1時間かかる場所に行かなきゃ・・・
>(アイマスを続けるか悩む(´・ω・`)

アイマス設置店との距離が遠いと、確かに通うのは大変です。
しかし知り合いには、片道1時間をものともせずに神のプロデュースをする
ものすごいプロデューサーさんもいたりします。(´ー`)
>コ)明けましてハイ、ターッチ!!・・・長くなるからBBS行って来ます。
今年もよろしくです~。書き込みありがとうございます。
BBSは後でゆっくりレスします。
>KKSさんはゲームセンターに転勤になったんですね(´ー`)y-┛~~
なってナイナイ。(;´ー`)
でも昨日はちょっとゲーセンに金を貢ぎすぎたかも…。


この投稿は 2006年1月9日 月曜日 05:07 に MT時代の記事 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント