ラーメン大好きKKSによるアイマス、シンデレラガールズ、グラブルその他諸々ブログ from 名古屋

 Date: 2005年9月23日

メイドさん VS 巫女さん

この3連休は、名古屋で過ごします。
というのも、ちょお有名サイトのウェブマスターさまが
名古屋にいらっしゃるからでありまして。
まあ行こうと思ってる場所はただいま1周年企画中の「月天」や
「山」だったりするわけですが。(;´ー`)
巫女さん万歳!!ヽ(´-`)ノ
一方でメイド喫茶にみんなで行こうOFFにも誘われたのですが、
こちらは東京開催なのでさすがに2週連続自腹上京は辛く、
今回はメイドさんはゴメンナサイしてしまいました。
ま、元々巫女さんのほうが好きなのですが~。(ゴルァ
***
夜明けなフェイス、ほぼ完成しました。
Imprial Moon ~月の光に魅せられて~
ノーマル形態は以前とほとんど変わらないまま完成にしました。
ただ、ちょっとしたひらめきでくだらない機能を盛り込んだことで、
全7形態に変形する、3MBオーバーのデブに仕上がってしまいました。
上のプレビューだけではサッパリ理由はわからないと思います。
なぜこんなになってしまったかは、よろしかったら
10月から開催される「Artistic Concerto」で確認してやってくださいぃ。
ていうか本当に体験版プレイだけで作っちゃったよ、いいのか??(´Д`)
+++
ASAさんの「A Songstress」がこのたび15万ヒットを突破されました。
おめでとうございます。ヽ(´-`)ノ
これを記念して、現在WMPスキンが公開されています。
スキンのお題はエロくなることが決まった「To Heart2」なのですが、
あらゆるヒロインを網羅されているために
プレビューが凄い、大迫力!!
これを見るだけでも「スゴイスゴイ!!」と感嘆できるはずです。
皆さんモお気に入りのヒロインのWMPスキンを是非チェック!
***
ここのところ、記事でのAmazonリンクを交えた買ったもの紹介が
ものすごく減りました。
というのも、最近あまり本やCD、ゲームを買っていないからで。
ひところアホほど購入してた勢いが妙に懐かしいですが、
その生活には絶対戻りたくないです。(;´ー`)

そんな中、久々に購入したVFBがスクデのビジュアルガイド。
今年唯一まともに相手したえろげですからね。
お約束の商業イラスト紹介やキャラの紹介から始まり、
多岐に分岐するシナリオはスクリーンショットを交えて
全ページの約半分という大ボリュームで紹介。
なかなか良く出来たファンブックであります。(´ー`)

そうそう、エロハートの体験版に関係なく、予約購入で「鎖」かってます。
まだじぇんじぇん凌辱してませんが。(´ー`)
話題に流されて、先にエロハートの体験版をプレイしてしまいました。
はじめたらあっという間に終わりました。
箇条書きに感想行くと、
・ 絵と音はとても綺麗になった。特にボイスが綺麗になった。
・ 動作はめちゃくちゃ速い、軽い。
・ □□□や△△は声一緒に聞こえるが、○○○○oはなんか違う気がする。
  □□□ママも違う気がする…。
・ なるほど「続きは製品版で」の後にエロシーンがボイス入りでエロエロ~
  (シーンは既に画像板で流出しているもののみ)
・ ていうか1周して戻ってきたら、さりげなく●●が変わってるし(;´ー`)
こんな感じ?
しかしエロハートにするのはPS2版発売前から決まっていたのか、
あるいは「委員ちょすきすきー」のせいで慌てて路線変更したのか、
どっちなのかが妙に気になります。(´ー`)
***
拍手レスです。
>>以前普通に中央通りを歩いていて職質を受けた身
>あなたの魅力に惹かれたのです(たぶん

男のお巡りさんに惹かれても、あんま嬉しくないです。(苦笑)
ていうか今もキーチェーンぶら下げて歩いてることが多いので、
また刃物がぶら下がってるとか思われて職質されるのだろうか…。
>人でなしっつうよりはある意味ネ申だって。
>凡人っつうよりは煩人とか。 by FireBlast

神なんてなりたくないです、それだったら「人でなし」でいいです。(本当か?)
煩悩は、最近は薄れたよ、きっと(;´ー`)
>エロゲポスターを乞食のように拾いまくる輩は秋葉初心者の証拠よ(゜д゜)
はあ、そうなんですか。
俺はえろげ屋とかの「ご自由にお持ち帰り下さい」からポスターを持って帰ることは、
滅多にありませんが…。
最近は主に自分で買ったアイテムに勝手についてきたポスターから
気に入ったものだけ選んで貼っています。
昔から貼りっぱなしのも結構ありますけどね。(´ー`)


この投稿は 2005年9月23日 金曜日 08:55 に MT時代の記事 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。  

コメント